中高年こそ「コラーゲン(タンパク質の一種)」気にしましょう!

中高年こそ「コラーゲン(タンパク質の一種)」気にしましょう!

コラーゲンは肌や結合組織の主要な成分であり、腸内環境とも密接な関係があります。

コラーゲンはタンパク質の一種でアミノ酸から作られます。

その主な役割をあげると

①肌に潤いや弾力を与える。

②丈夫な骨を作る。

③関節の動きをよくする。

④丈夫な筋肉や腱を作る。

人が食べたものは、腸内細菌が、分解吸収を助ける役割を果たし、その過程でアミノ酸を生成します。

これらのアミノ酸はコラーゲン合成に必要な材料となり、健康な腸内環境は良質なコラーゲンの生成に重要な役割を果たしています。

逆に、腸の不調やバランスの崩れはコラーゲンの減少を引き起こす可能性があります。 したがって、健康な腸内環境は美肌や間節組織の維持に重要なんですね。

 


鉄板のオススメ商品

1週間お試しパック

カート

10日間お試しパック

カート

秋の3週間すっきり実感パック

カート