焼き芋、冷やして食べるべし!

焼き芋、冷やして食べるべし!

焼き芋を冷やして食べると、そのGI値(グリセミック・インデックス)は低下します。 GI値とは、食物が血糖値に与える影響を示す指標で、低いGI値は血糖値の急激な上昇を抑制する傾向があります。血糖値が気になる方へおすすめの食べ方です。

冷やすことででんぷんの構造が変化し、消化吸収がゆっくりと行われるため、糖の吸収が緩やかになります。 これにより、血糖値の急激な上昇を避けることができ、健康に良い影響が期待されます。

温めて食べる場合よりも、冷やして食べることで満腹感が持続しやすくなり、食べすぎを防ぐことにもお役立ちです。 なので、焼き芋を冷やして食べることは、血糖管理やダイエットにおいて有益であるとされています。


鉄板のオススメ商品

1週間お試しパック

カート

10日間お試しパック

カート

秋の3週間すっきり実感パック

カート