鹿児島県民の食の宝であるお米とサツマイモ

鹿児島県民の食の宝であるお米とサツマイモ

鹿児島県では、米とサツマイモは重要な食材であり、その存在は歴史的な背景や飢饉への対処といった要素から神聖視されています。

また、お米は日本人の主食であり、日本人にとっては神聖なものと見なされ、神社や神事でお供え物として使われています。 その栄養価や重要性から、米は生活の基盤として今でも親しまれています。

一方で、サツマイモも鹿児島県において特に重要視されています。 明治時代の飢饉時、サツマイモが作物の不足を補い、飢える人々を救ったことから、サツマイモは県民にとって希望と助けの象徴となりました。 その功績から、サツマイモは鹿児島県の食文化において欠かせない存在となり、地域の誇りとして受け継がれています。

そして、重要な県産品である焼酎の原料としても欠かせないものです。

このように、鹿児島県民にとって、お米とサツマイモは、食糧源としてだけでなく、文化や歴史とも深い結びつきを持っています。

これらの食材は地元の祭りや行事、そして日常の食卓でも大切にされ、今でも鹿児島の風土や生活様式を豊かに彩っています。

ア!ハッピィモも、そんな神聖な食べ物であるお米とサツマイモを原料として作られています。さらに発酵食品として人の腸内環境を整えるのに大きく役立っています。鹿児島県の人々に愛され続けているお米とサツマイモでできたア!ハッピィモは、これからもたくさんの人の健康と幸せに貢献することでしょう。

 


鉄板のオススメ商品

1週間お試しパック

カート

10日間お試しパック

カート

秋の3週間すっきり実感パック

カート